♡Photo Gallery/ Sunflowers I_♡ひまわり1

IMG_8851 (1) 

季節を代表する花ってありますよね。
春は桜、秋はコスモス、冬はえーっと寒椿?
でも夏は間違いなくこの花、ひまわりでしょう。

ただ夏の光に満ち溢れた日がなかったので、ひまわりも元気がなさそう...

IMG_8858.jpg 

こんな時はその風景を撮るしかないよね。

IMG_8936.jpg 

と思っていたらこんな変り種を発見!

IMG_8945.jpg 

ハチやカナブンや、セセリチョウが来ていて、ふんわりした黄色が素敵♡

IMG_8362.jpg 

セセリチョウもふだんだとこんな感じですが

IMG_8948.jpg

この変り種といっしょだとかわいいかも。
よりが足りないし、少し下の位置からひまわりをボケにして撮ったらもっと、かわいかったかなぁ。(残念!)

IMG_01711.jpg 

My Photo Diary_ 3 September 2017♡撮影日記

IMG_9325 (1) 
なかなかすっきりとした青空に会えませんね。9月の花之江の郷の定例撮影会は、テーマが「光の捉え方」みたいだったようです。

いつもはハイキー気味に、ふわふわと撮っていくのですが、ぐっと抑えてローキーで撮りましたけど...

IMG_9058.jpg 
なんだかな〜 (´・_・`)

IMG_9306 (1) 

虫もかわいくないし
IMG_9311.jpg

シュウカイドウが、いい具合に咲いていたのですが、なにか足りない...

ということで絶不調でした。
前の晩、寝不足気味で、元気がでなかった...
と言い訳をして、来月は体調を整えて臨みます。

ところで、冒頭の写真は、日が高い時にきれいなボケのある写真を撮るという方法で撮ったものです。
前面の花は、日陰にあり、後ろのボケは黄色い花ですが、日向にあります。
天気がそれなりによかったので、両方をきれいに撮ることができます。
私は補正がマイナスでしたが、プラスにしても面白かったかもしれません。ボケはもっとふわっとしてしまうんでしょうけれど。

IMG_01711.jpg 
次回は明日9/9(金)です❤︎

Poesy of the Week_♡見知らぬ子へ

IMG_9346.jpg 

何だかとてもおこりながら
すたすた歩いて行くおかあさんのうしろから
中学に入ったばかりかな? 女の子が
重い鞄をぶらさげて
泣きながらついて行く

ときどき振り向いて
いいかげんにしなさいと
おかあさんは叱るけれど
悲しみは泣いても泣いても減らないから
やっぱり泣きながらついて行く

あんなにおおきな悲しみが
あんなにちいさな女の子にあってもよいものだろうかと
とあるビルからふらりと出て来た
男のひとがかんがえている

そのひとはね ちいさいときに
とても厳しいおかあさんがいて
男の子は泣くものではありません!て
あんまりたびたび叱られたものだから
いつも黙っている 怖い顔のひとになっちゃったんだ

そのひとは (怖い顔のままで)
きみのうしろ姿を見ていた
それから
黙ってきみに呼びかけた
振り向いて ぼくを見てごらん!

涙でいっぱいの まっ赤な眼で
もちろんきみは振り向いて
黒々と立っている 見知らぬ人を見たのだけれど
そのひとが 黙ったまま
こう言ったのは通じただろうか

もうだいじょうぶだよ
なぜだかぼくにもわからないけれど
きみはだいじょうぶだとぼくは思うんだ

でも泣きたいときにはたくさん泣くといい
涙がたりなかったらお水を飲んで

泣きやむまで 泣くといい

  < 見知らぬ子へ    辻征夫 >

IMG_9638.jpg 

夏休みが明けて学校が始まると、自死を選ぶ子どもが多いという悲しい統計があるそうです。
子どもの悲しみは、私たちが思っているよりもとても大きいと思います。
ちいさな身体いっぱいに、そんな大きな悲しみが広がることを考えると心が痛みます。

そんなときに、「きみはだいじょうぶだよ。でも悲しいことがあるなら思う存分、泣きなさい。涙がでなくなっても、まだ悲しかったら、お水を飲んで、また泣きなさい。」
と言ってくれる大人が、だれか周りにいたらと思います...

この詩を書いた辻征夫(ゆきお)さんは、こどもや家族を題材にやさしい言葉で、でもたしかに現代詩を書いた詩人です。

そのやさしい眼差しから生まれたそれでも時折、この世界のどうしようもない悲しさに触れた言葉は、いつまでも心に残ります。

IMG_01711.jpg 
次回は9/8(金)です❤︎

50 Week's Photo Lesson_♡ The 20th Week

♡ 第20週の課題は「クラブの例会で人の写真を評価する」です。

IMG_8307.jpg 

「人の写真を見て評価することで、良い写真がわかってきます。自分が選んだ写真を他の漬はどのように評価するかまで、しっかり意識することも大切です。」

所属しているクラブでは、毎月一回、それぞれの写真を、各自5枚づつ持ち寄り、見せ合って、評価します。評価と言っても感想を述べるだけではなくて、メンバーの作品から3枚、良いと思うものを選んで投票します。そのあと先生が、各自の作品の中で一番良いと思われたものを選んで見せていただきます。
先生が選んだものと、私たちが選んだものが一致することもあれば、ちょっと違うこともあって、いろいろ考えさせられることが多いです。

ただその経験を日々の写真ライフに生かしきれているかというと... 反省

IMG_8265.jpg


IMG_01711.jpg 
次回は9/6(水)です❤︎

My Photo DiaryⅡ 30.August 2017_♡撮影日記Ⅱ

♡ はっきり言って、花火は大惨敗でしたね。ひとつとしてお見せできるものはありません(きっぱり!)あ〜〜、自分のトロさが悲しすぎる(T_T)
ちなみにこれが、失敗作のうちのひとつ。

IMG_8329 のコピー 


なので、きょうは室内で撮ったマクロ写真をかわりに。

IMG_9033.jpg 

まずは、このピンクの菊から。

IMG_9005.jpg

しっかりとした感じのものも撮ってみよう。
バックなどをいろいろ変えて試してみましたが、ふと室内撮影用に買った割れない鏡というのを思い出して、それを利用して我が家の収穫物を撮ってみることに。

IMG_9088.jpg 

ゴーヤとプチトマトです❤︎

IMG_9093.jpg 

そういえばほおずきもありましたっけ。

IMG_91711_edited-2.jpg 

最後はバラの蕾をクリスタルボールに写して フウセンカズラと水滴という、お決まりのパターンになるまで遊んで終わり。

そういえば、今週のチャレンジは色のないところに注目するでしたよね。


IMG_01711.jpg 
次回は9/4(月)です❤︎