FC2ブログ

♥ Book&Music 写真集など

IMG_3326.jpg 
最近写真がちょっとマンネリ気味なので、なにか自分と違ったジャンルの作品を撮っているかたから刺激を受けたくなって、本屋さんでつい手にして買ってしまったのがこのPASHA STYLE

いわゆる女子カメラ系の雑誌と思ったのですが、本格的なポートレイト専門の写真サイトからでている雑誌でした。
ネーチャーと違って、本格的なポートレートは、モデルさんやらスタイリスト、スタジオと、いろいろ準備があるので、直接の参考にはなりませんが、ただぼーっと見ていても、暑さしのぎになります。
ちょっとセンスを磨くのにも、いいかもしれません。

IMG_3331.jpg 

二冊目は、野寺治孝(のでら・はるたか)という写真家のかたの、一種の教則本 PERFECT PHOTO RECIPES BOOKです。旅行からインテリアなどの10のジャンル別に、「面白い写真」を撮るためのデーター・機材・条件をはじめ、撮り方や撮影のポイントが手短に載っています。何よりもよいのが、素敵な写真ばかりですので、写真集としても充分に楽しめる点です。
玄光社MOOKの一冊です。

この本の最初にLEVEL CHECKがあって、私はどうも中級者
✳︎ 露出補正ができる
✳︎ 被写界深度が理解できる
✳︎ ISO感度が理解できる
✳︎ レンズの画角がおよそ理解できる

上級者はというと
✳︎ 被写体を見たとき即座にアングルと画角が決められる
✳︎ テーマによってはブレやピンボケ、極端に暗い、または明るい写真が意識的に撮れる。
✳︎ 明確なテーマを持って、写真展での目的に沿った写真が撮れる
✳︎ 一枚写真・組写真、写真展などのセレクトが的確にできる
✳︎ 好き嫌いに関係なく他者の写真の評価ができる
ということです。
いみじくも、クラブの部会で指導を受けていることがこれですね。

さて最上級者は
✳︎ 撮る前に頭の中で完成形がイメージできる
✳︎ 風、匂い、音、空気感など情緒に訴える写真が撮れる
✳︎ オリジナリティーのある作品群が長い期間にわたって制作できる
✳︎ 日々の生活の中に常に写真がある

なのだそうです。
目指すポイントはここかな。

あまりに暑くて外になかなかでられませんが、本を手にする時間ができて、いいということにしましょう。

IMG_33851.jpg 
昨日午後3時頃の空です。自宅付近で撮りました。

IMG_7976のコピー 
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply