FC2ブログ

Poesy of the Week_♡ おおはるかなる

IMG_5181.jpg 
おおはるかなる沖には雪のふるものを
           胡椒こぼれしあかときの皿

ディヌ・リパッティ紺靑の樂句斷つ 
           死ははじめ空間のさざなみ
                           <塚本邦雄>

IMG_49251 
以前、岡井隆という歌人の歌をあげましたが、彼と並んで前衛短歌運動の旗手だったのが、塚本邦雄です。たまたま手元にある写真に合う短歌を選びましたので、上の歌になりましたが、彼の代表作を挙げよと言われれば、次の短歌ではないでしょうか...

馬を洗はば馬のたましい冱ゆるまで
         人戀わば人あやむるこころ

ロミオ洋品店春服の靑年像下半身無し***
         さらば靑春

特にロミオ洋品店という歌は、ほんとうにはっとしましたね。
いまは洋品店といってもあまりピンとこない人がいるのかもしれませんが、昼下がりの商店街にぽつねんとある小さな洋品店、ときどき変わった名前のお店があって、ロミオ洋品店などというものもあるのでしょうね。たしか「ロマンロラン学生服」というブランドがこちらの地方にあって、壮大な名前だなと感心したことがありますが...
下半身のないマネキンも今では珍しくはありませんが、春の服を着ているというからには早春か、とにかく春の季節のころ、ロミオという激しい恋のために死んでしまう青年の名を冠した洋品店の店先にある男性のマネキンをみると下半身がない...
そこから「さらば青春」という言葉がでてくるという発想に驚いてこの人の短歌を読みたいと思って読みふけった思い出があります。

いまも短歌の世界は、元気という印象がありますが、これらの歌人たちの活躍がなければどうなっていたのでしょうか..




IMG_7831.jpg 
次回は2/17(土)です❤︎


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply