FC2ブログ

poesy of the Week_♡ 風は崩壊を美しくする

IMG_5112.jpg 
風は崩壊を美しくする
さっきから鳥はその言葉を飲み込みあぐねて
鳥らしくもなく反芻している
(中略)
風が吹く
石柱はかすかに音を立て それは声ともきこえる
揺らいでいるのか
もう いまでは揺らぎたいのか
鳥は見下ろしながら風に翼をあづけて
旋回をくりかえしていると
自分が風なのか鳥なのか定かでなくなる
                         <風は崩壊を美しくする 朝倉勇>

IMG_5305.jpg 
学生時代、ある質問に答えていくとその人の自己イメージや、好きな異性のタイプ、理想とする生き方がわかってしまうという質問を仲間内でしあうというのがはやったことがありました。
他の質問に自分がどのように答えたかは、すっかり忘れてしまいましたが、好きな動物として答えたのが「野鳥」でした。カゴの中にいる鳥は苦手ですが、野鳥は好きでした。

それは理想とする生き方の象徴だったようですが、まだ若くて束縛が嫌いなタイプでしたので、よく当たっていたと思います。

さて、鳥を観察していると、ひどく用心深いことに気づきます。餌場を作っていても、家のなかで鳥の姿の見える窓に近づくだけで(窓は閉まっているのに)さっと人の動きを感知して逃げて行ってしまうので、レリーズを使ったり、なるだけ動かないようにして撮らなければいけません。

たぶん、空という自由に飛べる場所と引き換えに、天敵からも見通しのよい場所で、生きなければならない宿命のもとにあるためでしょうね。

さて今週の詩にもどりますが、この詩は鳥が主人公のようでいて、テーマは風ですね。
石柱をも揺らす風、鳥が同化してしまいそうになる風。

そいういえば廃墟に風が吹く光景は、虚しくもあり美しくもありますよね。
(朝倉勇という人は、コピーライターとして、非常に有名な人だそうです。)




IMG_7831.jpg 
次回は2/2(金)です❤︎


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply