Poesy of the Week♡_春から夏へ「荒地 T.S.エリオット」

IMG_2648.jpg 

シュタルン・ベルガー・ゼー湖の向こうから
夏が夕立をつれて急に襲ってきた。
僕たちは回廊で雨宿りをして
日が出てから公園に行ってコーヒーを
飲んで一時間ほど話した。
「あたしはロシア人ではありません。
 リトゥアニア出身のりっぱなドイツ人です
 子供の時、いとこになる大公の家に
 滞在っていた頃大公はあたしを橇に
 のせて遊びにでかけたが怖かった。
 マリーア、マリーア、しっかりつかまって
 と彼は云った。そして滑っておりた。
 あの山の中にいるとのんびりした気分になれます。 
 夜は大がい本を読み冬になると南へ行きます。」
 
抜粋 
 <荒地 T.S.エリオット  The Waste Land T.S. Eliot 西脇順三郎訳>

Summer surprised us, coming over the Starnbergersee 
With a shower of rain; we stopped in the colonnade, 
And went on in sunlight, into the Hofgarten, 
And drank coffee, and talked for an hour. 
Bin gar keine Russin, stamm’ aus Litauen, echt deutsch. 
And when we were children, staying at the arch-duke’s, 
My cousin’s, he took me out on a sled, 
And I was frightened. He said, Marie, 
Marie, hold on tight. And down we went. 
In the mountains, there you feel free. 
I read, much of the night, and go south in the winter. 
«abr»

IMG_6825.jpg 

♡暑いですね。
こんなに暑いと水のあるところへ避暑にでも行きたくなります。
この詩の数行は、英文学を学んだ人でしたらたぶん、ご存じの詩人T.S.エリオットの作品「荒地」からとったものです。

荒地は「4月はひどく残酷な月だ、」という超有名な一行で始まります。
ふつうでしたら4月は春の始まりであって、残酷?と首をかしげてしまいますが冬の静寂を破って命を謳歌させる春はエネルギーが高まる分、苦痛や苦悩も生まれるということでしょうか。

この部分ももちろん好きなのですが、私は特にそれに続く上述した数行が気に入っています。
Starnberger Seeはドイツのバイエルン州にある湖のようですが、言葉の響きがいいですね。
「夏が夕立を連れてやってくる」西脇順三郎訳では「急に襲ってくる」とありますが、そのあとは涼しくなるんだろうな。

IMG_01711.jpg 
次回は7/21(金)です❤︎
スポンサーサイト

Comment

  • desultory
  • URL

シュタルンベルガーゼーという音の響き、私も好きです。エリオットはもともとアメリカ人なんですよね。岩波文庫の『アメリカ名詩選』に収められています。パウンドとエリオットがアメリカの詩に交じって出てくると違和感がありますね。

  • Keity**
  • URL

学生時代、英語の詩で唯一、知っていたものです。フランス、ドイツなどの欧米系の詩はよく読んだのですが...
ですのでエズラ・パウンドは名前は知っていますが、詩を読んだことがありません。なんとなく南米系な響きがある名前ですよね。

Leave a Reply