Poesy of the Week_♡ 太陽

IMG_8009.jpg


カルモヂインの田舎は大理石の産地で
其處で私は夏を過ごしたことがあった。
ひばりもゐないし、蛇もでない。
ただ青いスモゝの藪から太陽がでて
またスモゝの藪へ沈む。
少年は小川でドルフィンを捉えて笑った。

                        <太陽 西脇順三郎>   IMG_8000.jpg 

まるで、ヨーロッパの避暑地で創りましたというようなこの詩は、西脇順三郎のAmbarivalia「アムヴァルワリア」のなかの一編です。

大正時代から昭和にかけて、ラテン語で詩を書くほどの西欧の教養を身につけ、日本にシュールレリズムを紹介する役割を果たし、T.Sエリオットやマラルメの翻訳でも有名な詩人のこの詩集を初めて読んだ時は、このような語彙を持った詩人がいたことに驚きを禁じえませんでした。
今読みかえして、ふと、カルモヂインってどこにあるのだろうか、大理石だからイタリア?と思い検索したら、どうもこの言葉は造語らしくて、そう思うと小川にドルフィン(イルカ)がいる謎も解けますね。

この空想の中のスモモの色の夏の桃源郷(おそらくモデルはあるのでしょうが...)に、雨が振ってばかりの此の頃、行ってみたいと思う私です。空想の翼を広げて行ってきましょうか...

IMG_7915 (1) 

IMG_01711.jpg 
次回は8/18(金)です❤︎

スポンサーサイト

♡お盆やすみ

IMG_7863.jpg 

お盆ですので、ちょっとお休み♡
夏も、あと数週間...
元気でお過ごし下さい。

IMG_7741 (1) 




IMG_01711.jpg 
次回は8/16(水)です❤︎

My Photo Diary_ 5th August 2017♡撮影日記Ⅱ

IMG_7544.jpg 

昨日の撮影日記と前後してしまいますが、8月5日の土曜日は、芳賀郡芳賀ロマン花火大会に去年と同じように出かけて花火を撮ってきました。
こんなのどかな田んぼの真ん中の花火大会。
同日に足利でもこれより盛大な花火大会があり、宇都宮市では宮祭りもあって、こちらはほんとうに人出が少なくて、花火撮影にはもってこいのロケーションです。

IMG_7548.jpg 
始まりは7時半からで、うちあげている光景も、ちょっと試しにうつすとこんな感じ。

IMG_7599のコピー 

スターマインが多かったので、白とびしてしまうので、少しづつ写して合成しましたが、暗い!!
かなり改良の余地あり...ですね。次回、もう一回花火大会に行く予定ですので、それまでにお勉強。

IMG_7704.jpg 
撮りたかったイメージに一番近いのがこれですが、どんなのが撮りたかったかお分かりでしょうか?

IMG_7725.jpg 
これもやや近いけれど、ちょっとさみしすぎ。

IMG_7660.jpg

これも、もっと繊細な感じに撮れていればいいんですけれど。

IMG_7626.jpg 
手前の川に写り込んだ花火も撮ってみましたが。

IMG_2961 (1) 
去年の花火の中で一番のお気に入りがこれでしたが、花火は一年間のブランクが必ずといっていいほどあるので、慣れるということがありませんね。

露光間ズームとか、バルブ撮影とか、めったにない撮影の練習にはなるのですが...

IMG_01711.jpg 
次回は8/14(月)です❤︎

My Photo Diary_ 6th August 2017♡撮影日記

IMG_7659.jpg 

8月最初の撮影日記は、花之江の郷の定例撮影会です。
夏はレンゲショウマの撮影から始まりますが、まだ少し咲いている程度で、今回は11名の参加者があって、みなさん、とても熱心なので、場所取りが難しそう...ということでちょっと離れたところにある花を望遠で撮りましたけれど、斜面に三脚を立てるのに手間取って時間がかかり...

IMG_7737.jpg

次はマクロで前ボケと玉ボケを駆使して、下に咲いている花を街灯のイメージで...
なんか、先生からの無茶振り...

IMG_7766.jpg

比較的、撮りやすそうな場所が空いたので行ってみると、蜘蛛が付いているし...というかそれを熱心に撮ってしまう私...

IMG_76661.jpg 

やっとレンゲショウマの丘をくだり、鹿の子百合が撮れるエリアで課題をこなす時も、バッタですかね、小さな虫を発見。

虫と花のコラボだと、どちらが主役かが問題になるし、虫の目にピントも合わせねばならず...
*どこに目があるの💥!

最近、花が撮れず悩んでいるので、自分で探して撮ってみましたが

IMG_7787 (1) 

だれかこんなところに蝉の抜け殻つけた?!
**笑ってるし😾
( */** よくお邪魔するブログ「塩とたれ」の焼き鳥おうじさまの編集を真似させていただきました❤︎)

ため息が出るほど美しい花の写真を撮りたい!

IMG_01711.jpg 
次回は明日(8/12)です❤︎

Poesy of the Week_♡幾千年

IMG_7602.jpg 

                                      *** by 斎藤博美先生

流砂に埋もれ
幾千年を眠っていて
ふいに寝姿あらわにされた

花ひらかぬまにまなこ閉じ
金髪 小さなフェルト帽
ラシャと革とのしゃれた服
しなやかな足には靴を穿き

ミイラになってまで
恥じらいの可憐さを残し
身じろぐあなたから立ちのぼる
つぶやき

ああ まだ こんななの
たくさんの風
たくさんの星座をめぐり
たくさんの哀しみが流れていったのに

     < 幾千年   茨木のり子>

IMG_7542.jpg 

きょうは長崎に原爆が投下された日(1945年8月9日午前11時2分)とのこと。
茨木のり子さんの「わたしが一番きれいだったとき」という有名な詩を載せるつもりでしたが、現在の戦争や紛争の複雑さを思うと、(水爆の威力とはどんなものなのでしょう...)載せることができませんでした。
ただこの詩は戦後書かれた戦争をあつかった詩のなかで、最も秀逸な詩のうちの一つだと思いますので、興味がある方は是非読んでください。谷川俊太郎選の「茨木のり子詩集」が岩波文庫からでています。

戦争に負けた国に生まれたことは、あるいは幸運なことであったかもしれせん。
そのおかげで、戦後70年間ほど、面だってはどの国、どの地域の紛争にも武力で関わることがなかったのですから。
その状況もかわりつつあるようですが、この幸運、失うには大きすぎる気がします。

IMG_01711.jpg 
次回は8/11(金)です❤︎

50 week's Photo Lesson_♡The 17th Week { Level 2 }

♡ なんとこの週からはレベルがあがります。中級者むけ?

そしてチャレンジは「動きを表現するためのテクニックをマスターする」です。

写真に変化をだすためにスローシャッターや流し撮りなど動きを表現するための卓ニックは必須です。課題としてまずはスポーツや水の流れなどを被写体に同感を出すことを意識しながら撮影してみましょう。(フォトコン7月号・2016日本写真企画_写真力があがる50の課題より引用)

ということです。

IMG_7153.jpg


IMG_2196.jpg  

だいたいあまりシャッタースピードを意識しないで撮っているので、ちょっと暗かったり、想定外のスピードで動くものがあると、ぶれて、動きがでてきてしまう(?)ことが多いです。

IMG_4888.jpg 

IMG_0219.jpg

失敗かなと思うのですが、雰囲気が変わっていて面白いような気もして、データーをなかなか捨てがたいのですが、王道のスローシャッター、流し撮りを見てみると、やっぱりどこかにきちんとピントが合っていないとダメみたいですね。

IMG_8959.jpg 

IMG_5102.jpg 

スローシャッター、これはかなり意識しないと上手になれない課題のようです。
やっぱり中級...むずかしそう(・ω・`彡 )з


IMG_01711.jpg 
次回は8/9(水)です。❤︎

My best click of the week_今週の一枚(各ジャンル)

♡ しばらくお休みしていたMy best click of the Week, それなりに写真がたまっているので、まとめてアップロードします。

1)花部門

IMG_6942.jpg
自宅撮りのトマトとブルーベリーです。まっ夏なので...

2)風景部門

IMG_6849.jpg 昔はメインストリートだったオリオン通り。
風景あいかわらず絶不調(ていうか、撮ってない...)

3)食べ物部門IMG_7065.jpg
 L'écrinのランチ。お魚です。

4)スナップ部門
IMG_6933.jpg

(*´v`) 美術館巡りの日、森美術館への道すがら、どらえもんの展示が路上であり、子供達がかけよっていました。

6)マクロ部門

IMG_7509.jpg

 アクリルボールで写した二階のベランダ写真。なぜか気に入っています。

今は台風の影響もあって、涼しい感じの日が続いていますが、来週は大変かもしれませんね。
暑さに負けず、熱中症にも負けず、がんばりましょう。
(って、私が真っ先に倒れていたり...)



IMG_01711.jpg 
次回は8/7(月)です❤︎

My Photo Diary_29. July 2017_撮影日記

♡ 先週の土曜日、2017 FIVA 3x3 World Tour Utsunomiya Mastersが、宇都宮のメインストリート、馬場通りに面した二荒山神社前広場で開催されたことは、もう書きましたが、無料で入場できる席が空いていましたので、写真を撮るため入場してみました。


無料の席ゆえゴールの後ろで、しかも選手たちの腰から下の部分は近くでは撮れないというかなり悪いコンディションでしたが、初めてのスポーツ関係の写真(サイクリングロードレースを除く)をとる機会でしたので、次回はこんなふうに撮ろうかしらと勉強するいい機会になりました。

IMG_7254.jpg 
だいたいが、こんなロケーションなので、ゴールにボールが入る瞬間にねらいをさだめて置きピンで撮ろうと思ったのですが...

IMG_7271.jpg 
さすがにメディアの人はいい位置よね。
うらやましい...

IMG_7270.jpg 
この人もリングのすぐそばで撮ってたし...

IMG_7307 (2) 
試合前にお神輿と宇都宮では超有名なバスケットのチーム、栃木BREXのチアガールのきれいなお姉さんたちが会場を盛り上げました。

IMG_7364.jpg 
第一試合 セルビア/リマン vs モンゴル/ウランバートル戦

IMG_7366.jpg 
こちらのチームはかなり強いチームらしいのですが、主力選手が怪我で出場できないのだそう。

IMG_7371.jpg 
こちらは初出場。

IMG_7442.jpg 
で、試合中の写真ですが、なんだか、幟やら大きなカメラを搭載したどこかのテレビ局のクレーンがバックで大回転していたり

IMG_7415.jpg
結構いい表情なのにピントがイマイチだったり...

IMG_7420.jpg
で、これがベストショットかな...

この試合はなんとウランバートルが大金星でした。
第2試合の前に、雨が少し降り出して雨の用意をしてなかったので、帰りましたが、今週のチャレンジ「早く現場に入り、遅く帰る」とは程遠い1日でしたね。(反省!)




IMG_01711.jpg 
次回は明日8/5(土)です❤︎

Poesy of the Week_いっしょうけんめい 

IMG_9594.jpg 


いっしょうけんめい

  いっしょうけんめい泳いだら
  いつか 魚になれますか
  尾ひれが生えて すいすいと
  沖まで泳いで ゆけますか

  いっしょうけんめい はばたいたら
  いつか 小鳥に なれますか
  つばさが生えて ゆうゆうと
  広いお空が とべますか

  いっしょうけんめい 背のびをしたら
  いつか ポプラに なれますか
  みどりの葉っぱを そよがせて
  風とおはなし できますか

  いっしょうけんめい 咲こうとしたら
  いつか お花に なれますか
  ひかりと水に 愛されて
  わたしもきれいに さけますか

              <新川和江   いっしょうけんめい>

IMG_0702.jpg 
夏休みなので、どこかにでかけると子供たちの姿をよく見かけますね。
今週、選んだ詩人は、戦後の現代詩には欠かせない存在の女流詩人、新川和江さんです。
新川さんには、もっと有名な詩がたくさんありますが、(わたしを束ねないで/ふゆのさくら/春etc.)、金子みすずを思わせるこんな詩、いかにも女性らしい感性で、(田村隆一とは、全く違っていますが、)わかりやすい詩的な魂のこもった詩だと思います。

身近にいるちいさな子供に、こんなことを尋ねられたらなんと答えるか、しばらく考えてしまいました。


IMG_01711.jpg 
次回は8/4 (金)です❤︎

該当の記事は見つかりませんでした。