Post image

The cruise lunch_ハロン湾クルーズのランチ

 話は元に戻りますが、ハノイからハロン湾まではバスで3時間程度の距離。ツアーですと途中でお土産を売っている場所によりますので、距離的には160キロ程度だということです。バスからの眺めはほとんどが田園地帯。ベトナムの農家は、たくさんの種類の動物を飼っているんですね。水牛も結構よく見かけます。 で、クルーズが始まるとすぐにランチになるわけです。そして、これが美味しい❤︎基本的には海産物をさっとゆで...

Post image

One day cruise of Ha Long Bay_ハロン湾でクルーズ

 ベトナムの桂林と言われるハロン湾って言われても、桂林知らないんですが、とにかくハロン湾はユネスコの世界遺産に登録されている景勝地 ❤︎絶景系には、あまり興味のない私ですが、ガイドブックでは、盛んに推薦されているので、行ってみました。 行ってみましたと言っても、ハノイからバスで延々3時間はかかりますので、ちょっと大変。着いてトロピカルな感じのする港(バイチャイ港)からクルーズです。 こん...

Post image

Early spring flowers_ちょっとベトナムはお休みしてお花の写真

 ベトナムの記事は旅行のメモのようなものでもあるので、ハノイを発つまで、まだ続きますが、今日はちょっと一休み。これは旅行前に行った花之江の郷で咲いていた白梅です。この頃はまだとても寒かったけれど、最近、寒さにもほころびが見えてきたような... 後ろの青と赤のボケは、あちら側に居る人のコートの色。 早春といえばこの花福寿草。 そしてその名もセツブンソウ。ちょっと一息ついたら、明日からまたベ...

Post image

Secret Garden@Hoi An_シークレット・ガーデン(ホイアン)

 ホイアンで夕食をとったのが、「シークレット・ガーデン」です。表通りの喧騒を離れて、路地の奥にある本当の秘密の庭園といったところ。ホイアン出身のガイドさんも、時々道がわからなくなると言ってましたけど、席はすぐに満席状態になりました。  ベトナムはビールが沢山種類があって、食事の時にはローカルのビールを飲むことが多いのですが、ちょっとお洒落なレストランでしたので、この日はドライマティニー...

Post image

Windows of Hoi An_ホイアンでも窓が好き

 以前にも窓が好きだと、幾つか窓の写真をアップしたことがありますが、ホイアンでも美しい窓を見つけました。 こんな風に閉まっていてもランタンの青がアクセントになっていて、いい感じ ❤︎美しくお花の鉢で飾られた窓   生活感の漂う窓も好きだわ。 💝拍手やコメントとても励みになっています。...

Post image

Along the river of Hoi An_トゥボン川の情景

 ホイアンを流れる川はトゥボン川。昔は漁師が網を張って魚を捕っていたようですが、今は、物売りや、夜は灯籠流しをする観光資源。 川を望むカフェやレストランのベランダは、観光客でいっぱいです。ここは外国人のみならず、ベトナム人にとってもすてきな町なんでしょね。よく、こんな目一杯、着飾った人達を見かけます。こちらはカップル。そしてこちらは、一人ですが、近くには何人かの撮影のクルーが待機していて、...

Post image

Hoi An _ホイアン

昼も夜も美しいランタンで飾られた街、ホイアンは、ベトナムで最も人気のある観光スポットです。16~17世紀には貿易のために日本人もたくさん住んでいたと聞いただけでも、なぜか懐かしい気分になり、それほど大きい街でもないので、散策にもうってつけ。ただし、人気があるということはそれだけどこでも混んでいるということですが... おしゃれなカフェも多いですが、とにかく観光客、特に欧米系が多いのが特徴です。港町、ラ...

Post image

La Pines @Fue_ ラ・パン(多分...)

フエでのランチはこちらで。しかし、突っ込みどころ満載ですね。まず、お店の名前、フランス語みたいだけれど、意味がよくわからない...WELCOMEマットの向きも反対だよ... お店の内装とスタッフの対応はとっても良かったです。(あとで口コミを見たら、フエでは良いレストランのうちの一つと書いてありました。) 食べ物は普通に美味しいというあれ。フエの名物のブンボーフエの代わりに細麺のヌードルが出てきましたけ...

Post image

Tu Duc Mausoleum in Hue_花の廟・トゥドゥク帝廟 フエ

 次に案内されたのが、阮朝(グエン朝)の後期に当たる4代目の皇帝で、歴代皇帝の中で在位期間35年と一番長かったトゥドゥック帝 (嗣徳帝 Tu Duc 1847~1883 ) が建てた霊廟です。1864年から3年をかけて建てられた巨大な施設には住居だけでなく、お寺、墓、そして池まであり、皇帝は生前ここを別荘として愛用していたそうです。。こちらは、かつてトゥドゥック帝が釣りを楽しんだという蓮池。  この皇帝はキリス...

Post image

Khai Dinh Mausoleum in Hue_啓定帝廟(フエ)

 ベトナム最初の訪問先は、初めてのフエ。フエはダナンから車で3時間かかる日本で言えば京都のような街です。たくさんのお寺、霊廟がありますが、一番、人気のある場所がここ。最後の皇帝、啓定帝(けいていてい、カイディンてい、Khải Ðịnh、1885年10月8日 - 1925年11月6日)は、ベトナム阮朝(グエン朝)第12代の皇帝。フランスによって擁立された経緯もあって、フランスの搾取に苦しむ国民から「フランスの保護下で贅沢な...

Post image

Grand Mercure Da'nang_グラン メルキュール ダナン

 2回目ののベトナム旅行、また中部のリゾート、ダナンから始まりましたが、宿泊はリゾートホテルというようりも街の中心のシティ・ホテルでした。これは、部屋から望むハン川の眺め。今回は、出発と最初の二日間が雨の中。グラン・メルキュール・ダナン。バスタブのない部屋というのでちょっと、テンション低かったですが(日本人だな)後でガイドさんに5つ星ホテルと教わり、えーっ! ロビーはこんな感じ。スタッフの...

Post image

Back home_帰国しました。

 一昨日の朝、帰国しました。ニュースを見たら北朝鮮のキム・ジョンナム氏の暗殺のニュースが流れていて、びっくりしました。体調がちょっとわるくて(風邪と思ったのですが、どうやら花粉症になってしまったみたい!)昨日はじっとしていましたが、少し良くなったので、やっとアップしています。 写真だけですがお土産 ❤︎ハート型のお皿は、ヤシの実に螺鈿細工を施したもの。カシューナッツはベトナムが2番目の生産国...

Post image

 今日からしばらくの間、旅行のためブログをお休みします。戻りましたら、皆様のところに訪問させていただくつもりでいます。よろしくお願い致します ❤︎  💝拍手やコメントとても励みになっています。...

Post image

Find a smile in winter!_冬の探し物

冬の写真って、やっぱり寒そうですよね。冬なんだから仕方ない...と思っていたのですが、見つければ何か楽しそうなものが見つかるような... なんかこれ魚。🐟 これは鳥🐦 これも。🐤 千と千尋の「カオナシ」っていうか「クチナシ」 これは、かわいい泥棒!💂う〜〜ん、「それで〜〜?」って言わないで。  🎼today's my favorite 🎸 💝拍手やコメントとても励みになっています。...

Post image

On the very blustery day_風の強い日

さて撮影の後半は、久しぶりに、電車の流し撮りでもしてみようということで、東北本線のとある駅と駅との間の撮り鉄さんも知っているというある線路のある区間へ。(別に秘密にしているのではなくて、方向音痴の上、あまり地理を知らないので、どこだかさっぱりわからない...のです。)そこへいく途中に小さな吊り橋があるというので、傘を使ってちょっと撮影です。傘が風で飛ぶくらいとにかく寒い日でした。 雲もとても寒そう...

Post image

Winter days 1_冬の日1

 お天気は良くても、北風が強いと本当に寒いですね。宇都宮市は、今年になってからまだ雪が積もることはないのですが、氷の撮影に出かけた塩谷郡の東古屋湖のあたりは、うっすらですが雪が積もっていて、しかも湖は氷が張っていないという絶悪な状況です。 ここら辺、鴨でもいたらというので、行ってみますが、オーマイガット、鴨さえいない... こんな時は、影でも写すしかないかな。 林の中で椿が咲いていま...

Post image

Une rose à Renoir _ルノアールにバラを

 やっと、というか、もうというか、2月になりましたね。2月が一番、寒いようですが、3月も近いので、もう少し冬を我慢すれば、春の足音が聞こえてくるかも。 ところで、最近、ルノアール (Pierre-Auguste Renoir)の作品と人生を語った番組を見る機会があって、その中で、「なぜ、女性や家族ばかり描くのか?」という質問に「人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要がない。」と笑顔で答え...