Poesy of the Week♡_春から夏へ「荒地 T.S.エリオット」

IMG_2648.jpg 


シュタルン・ベルガー・ゼー湖の向こうから
夏が夕立をつれて急に襲ってきた。
僕たちは回廊で雨宿りをして
日が出てから公園に行ってコーヒーを
飲んで一時間ほど話した。
「あたしはロシア人ではありません。
 リトゥアニア出身のりっぱなドイツ人です
 子供の時、いとこになる大公の家に
 滞在っていた頃大公はあたしを橇に
 のせて遊びにでかけたが怖かった。
 マリーア、マリーア、しっかりつかまって
 と彼は云った。そして滑っておりた。
 あの山の中にいるとのんびりした気分になれます。 
 夜は大がい本を読み冬になると南へ行きます。」
 
抜粋 
 <荒地 T.S.エリオット  The Waste Land T.S. Eliot 西脇順三郎訳>

Summer surprised us, coming over the Starnbergersee 
With a shower of rain; we stopped in the colonnade, 
And went on in sunlight, into the Hofgarten, 
And drank coffee, and talked for an hour. 
Bin gar keine Russin, stamm’ aus Litauen, echt deutsch. 
And when we were children, staying at the arch-duke’s, 
My cousin’s, he took me out on a sled, 
And I was frightened. He said, Marie, 
Marie, hold on tight. And down we went. 
In the mountains, there you feel free. 
I read, much of the night, and go south in the winter. 
«abr»

IMG_6825.jpg 

♡暑いですね。
こんなに暑いと水のあるところへ避暑にでも行きたくなります。
この詩の数行は、英文学を学んだ人でしたらたぶん、ご存じの詩人T.S.エリオットの作品「荒地」からとったものです。

荒地は「4月はひどく残酷な月だ、」という超有名な一行で始まります。
ふつうでしたら4月は春の始まりであって、残酷?と首をかしげてしまいますが冬の静寂を破って命を謳歌させる春はエネルギーが高まる分、苦痛や苦悩も生まれるということでしょうか。

この部分ももちろん好きなのですが、私は特にそれに続く上述した数行が気に入っています。
Starnberger Seeはドイツのバイエルン州にある湖のようですが、言葉の響きがいいですね。
「夏が夕立を連れてやってくる」西脇順三郎訳では「急に襲ってくる」とありますが、そのあとは涼しくなるんだろうな。

IMG_01711.jpg 
次回は7/21(金)です❤︎

スポンサーサイト

50 week's Photo Lesson_ The 14th Week

IMG_6756 (1) ❤︎ 朝撮りトマト!♪(/・ω・)/ ♪


♡ 第14週の課題はコンテストに応募する。
本当のことを言って、私はほとんどコンテストに応募していません。
クラブで毎年、この地方の新聞社「下野新聞」での写真コンクールには、応募する会則のようなものがありますので、それだけは応募していますが。

「コンテストへ応募を繰り返すことで、どのような写真が人の心をつかむのかがわかるようになってきます。」
とあります。

人の心をつかむ...という領域にまで達するのは、難しいですよね。

IMG_29031




IMG_01711.jpg 
次回は7/19(水)です❤︎

♡Book&Music♡ 書籍「体感できる写真講座」まえのかつみ著

ほんとうでしたら土曜日はMy Best Click of the Weekの日なのですが、この週7/2から7/8は、マクロ撮影がほとんどで、マクロに関しては良かったのですが、他にありませんでしたので、写真の本について書いてみたいと思います。


IMG_6735.jpg 

去年と今年参加した、まえの・かつみさんの古代ハスセンターでの撮影会で紹介されていた本を買いました。おもにハードなテクニック関連の記事が多いです。
私の場合、データの管理法が、パソコン内のハードディスクにのみデーターを保存(他の有料クラウドにも置いてありますが)した後、コンパクトディスクにさらにコピーして保存しているのですが、それって結構危ない保存方法らしいので、もう一度冷静に再考する必要があるみたいです。

特に外付けのハードディスク、以前買ったものの使い切れていないのが現状ですので、どうしたものかと思っていますが、比較的近くにあるパソコン教室で(パソコープ)教えてもらえそうなので、あとで調べてみようかな...などと思いました。

またわざわざ体感できると銘打っているわけですが、この本を買うと、巻末についてくる3種類の無料券を使えるためです。
1撮影会、講座参加無料券
2作品診断無料券
3動画の講評閲覧無料券(10回分)

撮影会などの情報は日本カメラ社のホームページ、またはまえのかつみさんのオフィシャルページを読むとわかるようになっています。

とくに2の作品診断無料券は、USBメモリに200枚まで作品を入れて作品無料診断券といっしょに日本カメラ社におくると、講評と作品を良い作品ともう一歩の作品に分けて送り返してもらえるそうです。

今は暑いので、外に出られずぼーっとしていますが家の中でできることをひとつづつやっていかねばね。

IMG_0606 (2) 

IMG_5409.jpg 




IMG_01711.jpg 
次回は7/17(月)です❤︎

My photo Diary 4. July 2017 ♡ 撮影日記

IMG_6373.jpg 

♡7月4日(火)はクラブの撮影会でした。毎年夏は、一度は先生の御宅の野外スタジオにお邪魔してマクロ撮影です。
こんな水滴写真とか

IMG_6344 (3)

これも、蜘蛛の糸を利用して撮ります。
今年はやっと慣れてきて映り込みが、それなりに撮れてます。 
この映り込みは紫陽花の上にいるカタツムリを撮っています。(去年はまったくだめでした。)

IMG_6507.jpg 
ちょっと苦手なおおきなカマキリも、扱い方を教えていただいたので、二匹も撮れたし
動かす時に、お尻をちょんとつついて動かすとか

IMG_6396.jpg 
カエルの扱いにもなれてきました。

IMG_6525.jpg 

撮影会が終わって、たくさんいたクロカワトンボを追いかけて撮影。
何の変哲もないけれど...

IMG_01711.jpg 
次回は明日7/15(土)です。❤︎

Poesy of the Week_♡ 乳母車

IMG_5781.jpg ♡ 母よ

  淡くかなしきもののふるなり
  紫陽花いろのもののふるなり
  はてしなき並樹のかげを  
  そうそうと風のふくなり
                        <乳母車 三好達治 >
(続き)
  時はたそがれ
  母よ 私の乳母車を押せ
  泣きぬれる夕陽にむかって
  轔々と私の乳母車を押せ

  赤い総のある天鵞絨の帽子を
  つめたき額にかむらせよ
  旅いそぐ鳥の列にも
  季節は空を渡るなり

  淡きかなしきもののふる
  紫陽花いろのもののふる道
  母よ 私は知ってゐる
  この道は遠く遠くはてしない道

IMG_5700.jpg 

今年は梅雨の情緒もなく、熱帯をおもわせるような豪雨で、地方によっては、たいへんな災害でした。
だんだんこのような気象状況がふえてきているような気もして気がかりですが、いかがでしょうか。

この詩は、紫陽花をうたった詩の中でも、ちょっと悲しくなるような詩で、三好達治の名前を有名にした「測量船」という詩集のなかでも好きな詩です。

乳母車というのもなんだか懐かしい言葉ですね。
おおきな大人が年をとったおかあさんに「乳母車を押せ」とは何事かと叱る人はいないと思いますが...
母と言う存在がかなしかったころの雨の季節の素晴らしい詩であるように思います。


IMG_01711.jpg 
次回は7/14(金)です❤︎