slider image slider image slider image slider image slider image

My Photo Diary 14 November 2017_♡ 撮影日記
 ✴︎明智平のロープウェーもう宇都宮市街にも紅葉は降りてきているので、奥日光の紅葉はすっかり終わっていましたが、所属しているボランティアガイドクラブの新しいガイドブックのために写真を撮りに日光に行ってきました。アートにしないようにと言われていたので、レンズ標準、モードは全オート(Pモード)で写真を撮ってきましたが、帰ってチェックをしてみるとやっぱり物足りないような...っていうか、もう観光シーズンの...

Poesy of the Week_反復彷徨
 転々とせよ、転々と____到達も繭繭もただ系の果てを夢見るのみ、ならば彷徨彷徨反復彷徨淡いおもざしのような雲雲のような恍惚が私たちを包み込む、あれは何?   <野村喜和夫  詩集『反復彷徨』より抜粋> 今週の詩は野村喜和夫という詩人の90年代の代表作『反復彷徨』からの抜粋です。(全文は非常に長くて、紹介しきれません。)現代詩というと難解なものという固定観念がありますが、この人は一時期その...

50 week's Photo Lesson_♡The 30th Week
今週のチャレンジは『焦点距離を固定する』です。「レンズによって写り方は異なります。このレンズによる画角の違いを理解するためにおすすめなのがズームレンズの焦点距離を固定して撮るという方法です、今日は28ミリ、明日は50ミリ、あさっては105ミリというふうに焦点距離を決めて撮ることで、それぞれの特徴をつかめるようになります。」とあります。だいたい、どのレンズを使えば、どんな写真になるかは今までの経験でつかめ...

My Photo Diary 7 November 2017_♡ 撮影日記
11月のクラブの撮影会は栃木県鹿沼市、紅葉で有名な大芦川です。毎年、紅葉の色やツヤが違いますが、この日は、やっと秋の長雨も終わって朝からお天気で気持ちがよかったけれど、紅葉自体の撮影にはあまりむいていないようです。 水面に映り込んだ黄色の紅葉の色が、黄金のようでとてもきれい。  水だけ写しても綺麗だけれどポイントになるものを見つけて、ちょっと工夫をするといいみたいです。 落ち葉が動いてい...

My Photo Diary 5 November2017_♡ 撮影日記
 月の最初の日曜日は定例の花之江の郷の撮影会。もうすっかり葉っぱは冬に向かってますね。花はあまり咲いていないので、かわいい実をみつけて背景のボケを見ながら撮影。 トンボもいたけど、オンブバッタがたくさんいましたので、かわいく撮影です。なんだか楽器をひいているみたい。 ひとりで見つけた楓をボケも考えながら撮ってみましたが、先生の講評ではみごとにパスでした。葉っぱが、さすがに痛んでますね。...

My Photo Diary 14 November 2017_♡ 撮影日記

IMG_0013 (1) ✴︎明智平のロープウェー

もう宇都宮市街にも紅葉は降りてきているので、奥日光の紅葉はすっかり終わっていましたが、所属しているボランティアガイドクラブの新しいガイドブックのために写真を撮りに日光に行ってきました。

アートにしないようにと言われていたので、レンズ標準、モードは全オート(Pモード)で写真を撮ってきましたが、帰ってチェックをしてみるとやっぱり物足りないような...
っていうか、もう観光シーズンのピークをすぎているのに、観光写真みたいなものを撮れと言われてもねー。

IMG_0033.jpg ✴︎半月峠から望む中禅寺湖
ということで、奥日光の写真はそれなりに撮って、ランチを霧降高原野「山のレストラン」で摂ることに。

IMG_0055.jpg 
こちらは、日光でも人気のあるレストラン。

IMG_0064.jpg 

中もいいですが、季節によってはバルコニーの席も外の眺めがよいのでおすすめ。

IMG_0086.jpg 
IMG_0093.jpg 

IMG_0096.jpg

この日は車海老のグリルとレッドカレー、チョコレートロール、そしてコーヒーを注文していただきました。

IMG_0073.jpg

やっぱり霧降の滝ももう紅葉の盛りはすぎてますね。

山のレストラン:
ホームページ

IMG_7831.jpg 
次回は明日11/18(土)です❤︎


スポンサーサイト

Poesy of the Week_反復彷徨

IMG_2264.jpg 

転々とせよ、転々と____

到達も繭
繭もただ系の果てを夢見るのみ、ならば
彷徨彷徨
反復彷徨
淡いおもざしのような雲
雲のような恍惚が私たちを包み込む、あれは何?

   <野村喜和夫  詩集『反復彷徨』より抜粋>

IMG_1751.jpg 

今週の詩は野村喜和夫という詩人の90年代の代表作『反復彷徨』からの抜粋です。(全文は非常に長くて、紹介しきれません。)

現代詩というと難解なものという固定観念がありますが、この人は一時期その代表のように言われていた感がありました。
たしかに海外の前衛的な文学や哲学の知識のエッジにいるような印象がありますが、同時に非常に温和な部分を感じる時があり、それが例えばこんな詩句に現れているのではないでしょうか。

こんな淡い柔らかな色の雲をみていたらふと思い出しました。
転々とせよ、転々と___と、畳み込んでいくような言葉のリズムが、私は好きです。


IMG_7831.jpg 
次回は11/17(金)です❤︎


50 week's Photo Lesson_♡The 30th Week

IMG_0702 (2)

今週のチャレンジは『焦点距離を固定する』です。
「レンズによって写り方は異なります。このレンズによる画角の違いを理解するためにおすすめなのがズームレンズの焦点距離を固定して撮るという方法です、今日は28ミリ、明日は50ミリ、あさっては105ミリというふうに焦点距離を決めて撮ることで、それぞれの特徴をつかめるようになります。」
とあります。

だいたい、どのレンズを使えば、どんな写真になるかは今までの経験でつかめているようには思うのですが。
焦点距離を固定する撮り方は、以前のブログでもやっているので、これはパスかな。

IMG_2180.jpg

だんだん寒さがつのってきましたね。
明日は日光に個人的な目的で写真を取りに行く予定です。
きっと寒いんだろうな、奥日光とか...


 

IMG_7831.jpg 
次回は11/15(水)です。❤︎


My Photo Diary 7 November 2017_♡ 撮影日記

IMG_2068.jpg

11月のクラブの撮影会は栃木県鹿沼市、紅葉で有名な大芦川です。
毎年、紅葉の色やツヤが違いますが、この日は、やっと秋の長雨も終わって朝からお天気で気持ちがよかったけれど、紅葉自体の撮影にはあまりむいていないようです。

IMG_2065.jpg 
水面に映り込んだ黄色の紅葉の色が、黄金のようでとてもきれい。

IMG_2079.jpg  
水だけ写しても綺麗だけれど


IMG_2141 (1)

ポイントになるものを見つけて、ちょっと工夫をするといいみたいです。

IMG_2152.jpg 
落ち葉が動いていく様子を撮る撮影はまた、あえなく失敗。
きちんとしたNDフィルターの必要性を痛感しました。 

秋が深くなってきていますね。


IMG_7831.jpg 
次回は11月13日(月)です❤︎


My Photo Diary 5 November2017_♡ 撮影日記

IMG_1789.jpg 
月の最初の日曜日は定例の花之江の郷の撮影会。
もうすっかり葉っぱは冬に向かってますね。

IMG_1816.jpg

花はあまり咲いていないので、かわいい実をみつけて背景のボケを見ながら撮影。

IMG_1850.jpg 
トンボもいたけど、オンブバッタがたくさんいましたので、かわいく撮影です。
なんだか楽器をひいているみたい。

IMG_1929.jpg 
ひとりで見つけた楓をボケも考えながら撮ってみましたが、先生の講評ではみごとにパスでした。
葉っぱが、さすがに痛んでますね。

IMG_1953.jpg 
こちらの紅葉は終わりかな。

IMG_7831.jpg 
次回は明日11/11(土)です❤︎