FC2ブログ
slider image slider image slider image slider image slider image

My Photo Diary 2 December 2018_1 ♡ 撮影日記1
 12月2日は、第1日曜日ということで、月1の花之江の郷での撮影でした。この日はマクロ中心の撮影で、紅葉は撮らなかったのですが、私だけお弁当を持参して、撮影会のメンバーが、こちらのバイキングで食事をしている間、余った時間を利用して、急いで紅葉を撮りました。 かなり普通に撮るとこんな具合ですが、色が綺麗でしたね。 これは空に抜きましたが、後ろの黄色の葉っぱをボケとして、もっと利用したほうが...

My Photo Diary 29 November 2018 ♡ 撮影日記
  井の頭公園のあとは、埼玉県新座市にある禅宗の古刹、平林寺です。今年で3回目。例年のように紅葉撮影といえば、こちらというくらいに行っています。まず撮るのが、総門をくぐって、山門の横手にある木々。 蜘蛛の糸からぶら下がっている紅葉で、腕慣らし。 ボケも考えながら、前にも言った(というか、先生にいつも言われている)抜け感を重視して撮るものを見つけていきます。たくさん木があっても、そんな葉...

My Photo Diary 27 November 2018_2 ♡ 撮影日記2
 井の頭公園は、バラ園でも有名です。この時期は秋のバラが咲いているはず...と撮影の途中で寄ってみましたが、閑散とした園内には、ぽつぽつとちょっと寂しげに秋のバラが咲いているのみ...   絞りを変えて、近づいてみてもいまひとつ。白バラもとりあえず撮って、紅葉をまた撮るために、バラ園は、撤収しました。こんな時もありますよね。;  ...

追悼🌠 入沢康夫さん
 今日、朝日新聞の文芸欄を何気なく目で追っていたら、詩人の入沢康夫さんが10月15日に亡くなっていたという記事がでていた。このブログをずっと見ていてくださった方だと、以前書いたブログ記事 (カテゴリー/ Poesy of the Week)の最初の記事にでている詩「エスケープ」の作者が入沢康夫さんだたことをおぼえていらっしゃるかもしれない。代表作の「わが出雲、わが鎮魂」を再度読んでみようと思ったけれど、今日は大好きだ...

My Photo Diary 27 November 2018 ♡ 撮影日記
 シンガポールから戻ってきた後は、年末のこともあって、怒涛の撮影ラッシュ。まずは、クラブの11月の撮影は、真岡市の井の頭公園。紅葉と秋のバラ園の撮影です。 紅葉はどうしても、マッス(かたまり)でとらえてしまいがちですが、印象的な写真にするためには、個々の綺麗な葉を、背景も考えて「抜け感」を大事にして撮ります。 この写真は、ボケがもう少しやわらかだとよかったかも。 これから色づく葉っぱ...

My Photo Diary 2 December 2018_1 ♡ 撮影日記1

IMG_5470.jpg 
12月2日は、第1日曜日ということで、月1の花之江の郷での撮影でした。
この日はマクロ中心の撮影で、紅葉は撮らなかったのですが、私だけお弁当を持参して、撮影会のメンバーが、こちらのバイキングで食事をしている間、余った時間を利用して、急いで紅葉を撮りました。

IMG_5505.jpg 

かなり普通に撮るとこんな具合ですが、色が綺麗でしたね。

IMG_5500.jpg これは空に抜きましたが、後ろの黄色の葉っぱをボケとして、もっと利用したほうがよかったかなと反省。

IMG_5496.jpg 
なんとかかろうじて、ボケにぬきましたが...
食事を済ませたメンバーが帰ってくると、先生の写真の添削が始まるので、焦り気味で、いまひとつ。

IMG_7881.jpg 

その時撮った写真だけでは、ブログ的にちょっと足りないような気がしたので、こちらも載せてみますね。これは自宅のハナミズキが紅葉しているので、撮ったものです。
黄色い葉っぱに当たっている光が好きですが...




IMG_7976のコピー 
スポンサーサイト

My Photo Diary 29 November 2018 ♡ 撮影日記

IMG_7991.jpg  
井の頭公園のあとは、埼玉県新座市にある禅宗の古刹、平林寺です。
今年で3回目。
例年のように紅葉撮影といえば、こちらというくらいに行っています。

まず撮るのが、総門をくぐって、山門の横手にある木々。

IMG_5266.jpg 
蜘蛛の糸からぶら下がっている紅葉で、腕慣らし。

IMG_5330.jpg 
ボケも考えながら、前にも言った(というか、先生にいつも言われている)抜け感を重視して撮るものを見つけていきます。

IMG_5338 のコピー

たくさん木があっても、そんな葉っぱを見つけ出すのは、一苦労。
私は、あまり上手に見つけられません。
これは先生が見つけて、ボケを考えながら撮影。

IMG_5294.jpg 

自分でもみつけようとしますが残念!

IMG_5402.jpg

こちらの池には、錦鯉がたくさんいて、かなり時間をかけて、トライしました。
これが、比較的によく撮れた写真ですかね。
鯉のすぐそばの枯葉が邪魔で、作品としては、いまひとつですが。

 

IMG_7976のコピー 

My Photo Diary 27 November 2018_2 ♡ 撮影日記2

IMG_7947.jpg 
井の頭公園は、バラ園でも有名です。
この時期は秋のバラが咲いているはず...と撮影の途中で寄ってみましたが、閑散とした園内には、ぽつぽつとちょっと寂しげに秋のバラが咲いているのみ...

IMG_5097.jpg 


IMG_5100.jpg 
IMG_7954.jpg 
絞りを変えて、近づいてみてもいまひとつ。

IMG_7970.jpg

白バラもとりあえず撮って、紅葉をまた撮るために、バラ園は、撤収しました。

こんな時もありますよね。


IMG_7976のコピー 

追悼🌠 入沢康夫さん

IMG_8406.jpg 
今日、朝日新聞の文芸欄を何気なく目で追っていたら、詩人の入沢康夫さんが10月15日に亡くなっていたという記事がでていた。このブログをずっと見ていてくださった方だと、以前書いたブログ記事 (カテゴリー/ Poesy of the Week)の最初の記事にでている詩「エスケープ」の作者が入沢康夫さんだたことをおぼえていらっしゃるかもしれない。
代表作の「わが出雲、わが鎮魂」を再度読んでみようと思ったけれど、今日は大好きだった初期の詩集「倖せ それとも不倖せ」からキラキラヒカルを紹介して、私流の追悼にしたいと思う。

  キラキラヒカルサイフヲダシテキ
  ラキラヒカルサカナヲカッタキラ
  キラヒカルオンナモカッタキラキ
  ラヒカルサカナヲカッテキラキラ
  ヒカルオナベニイレタキラキラヒ
  カルオンナガモッタキラキラヒカ
  ルオナベノサカナキラキラヒカル
  オツリノオカネキラキラヒカルオ
  ンナトフタリキラキラヒカルサカ
  ナヲモッテキラキラヒカルオカネ
  ヲモッテキラキラヒカルヨミチヲ
  カエルキラキラヒカルホシゾラダ
  ッタキラキラヒカルナミダヲダシ
  テキラキラヒカルオンナハナイタ

キラキラと光るお財布、魚、女、お鍋、夜道、星空、涙...
と書くと、キラキラ感が減ってしまうけれど、カタカナだと増しますよね。
それでもこのキラキラ光る世界にある寂しさ、愛しさがひっそりと伝わってきます。

入沢さん、キラキヒラヒカルヨゾラノホシになってるのかな。
ご冥福を祈ります。

IMG_8233 のコピー 


IMG_7976のコピー 

My Photo Diary 27 November 2018 ♡ 撮影日記

IMG_7975.jpg 
シンガポールから戻ってきた後は、年末のこともあって、怒涛の撮影ラッシュ。
まずは、クラブの11月の撮影は、真岡市の井の頭公園。紅葉と秋のバラ園の撮影です。

IMG_7887.jpg 
紅葉はどうしても、マッス(かたまり)でとらえてしまいがちですが、印象的な写真にするためには、個々の綺麗な葉を、背景も考えて「抜け感」を大事にして撮ります。

IMG_7917.jpg 
この写真は、ボケがもう少しやわらかだとよかったかも。

IMG_5122.jpg 

これから色づく葉っぱもかわいいですよね。

IMG_7909.jpg 

それだけでは、作品としてもう一歩ということで、こんな夏の忘れ物も一緒にとか

IMG_5204.jpg 

師走のお掃除で忙しい蜘蛛さんとか...

途中で撮ったバラ園の写真は次回。(^-^)/



IMG_7976のコピー